固定電話の契約回線について

固定電話の契約回線について

固定電話の契約時には、ニーズに合わせた契約をする必要があります。
ニーズに合わせた契約?と言われても何のことだかわからない方もいるでしょう。

固定電話の契約時には回線を選ぶ必要があります。
今固定電話の契約をしようと思ったら、ISDN回線・ひかり電話・ADSL回線などから選ぶ必要があります。
しかしこれらの違いって何がなんだか…
初めて契約する方はわからない方が多いでしょう。

だから自社のニーズをはっきりさせておく必要があります。
それぞれ得意分野を知っておけば、どの回線で契約すればいいのか一目瞭然です。
自社ニーズに合った回線を選んで、固定電話を快適につかいましょう。

例えば自宅兼店舗(事務所)で同じ電話番号を使いたい場合…
これはISDN回線がいいでしょう。
1回線で2回線分使えるのが特徴です。
電話機とFAX番号を分けたり、電話番号が2つ必要という方に便利です。
固定電話にかかってきた電話を携帯電話に転送するということも可能なので、個人事務所や店舗にオススメです。

そしてインターネットを利用したい場合。
これはひかり電話が得意です。
もしマンションに事務所があり、そのマンションにフレッツなどの光回線があるならこちらの方がいいでしょう。
インターネットで業務を行う、オンラインショップの方や自社HPを使う機会が多いならひかり電話がオススメです。
もちろんインターネットをしながら電話回線を使うことができます。

ココに書いたことは一例です。
他にも家庭用電話機を使いたい・できるだけ安いプランの物がいい、などニーズに合わせて契約が可能です。
悩んだら専門の機関に相談するといいかもしれませんね。
自社のニーズに合わせて契約回線を選ぶことでさらなる業務効率アップや経費削減になりますよ。

    Copyright(C) 固定電話のいろいろ All Rights Reserved.