固定電話を1回線で2回線分使う方法

固定電話を1回線で2回線分使う方法

自営業の方や小規模事務所の場合、固定電話にかかる費用もできるだけ抑えたいという方も多いと思います。
固定電話の費用が安くすめば経費もかからず、他の宣伝などに経費をかけられますからね。
安い方がいいのは誰でも同じでしょう。

しかしお店によっては1回線では問い合わせなどに間に合わない場合もありますよね。
FAX番号も契約している場合はなおさらです。
一般的な電話番号+FAX番号の2回線分の契約が必要となると…
経費も2倍。経費面で考えれば損をしているような気分…

しかし、1回線分の契約で2回線使える裏技を知っていますか?
これを利用すれば固定電話にかけていた費用が節約できる可能性がありますよ!

その方法はいろいろありますが、1つは「ISDN回線」の利用です。
実は1回線分で固定電話+FAX電話の利用が可能です。
例えば固定電話で電話をしながらFAXを受信するというのも可能。
同時通話も可能なので、まさに1回線分で2回線分使える方法というわけですね。

あとはアナログ回線の利用。
電話機とFAXの一体型の機器を使えるので、固定電話とFAXを2台置く必要がありません。
1つの番号でどちらも使えるので、こちらを利用する方も多いようですね。

他にもオフィスにかかってきた電話を自宅の固定電話や携帯で受ける、という転送も可能です。
いろいろな方法があるので、固定電話の費用を抑えたい方は検討してみるといいでしょう。

    Copyright(C) 固定電話のいろいろ All Rights Reserved.